国内プロジェクト

web_domestic.gif

アプカスは、活動地であるスリランカで、2004年のスマトラ沖大津波などの自然災害や内戦の被災者へ様々な緊急支援を実施してきました。
どの災害現場でも、今一番必要とされている支援は何かを現地の方々や関係者と共に考え、地域の繋がりを大切にしながら、緊急支援活動を行っています。今回の東日本大震災緊急支援活動でも「特に支援が届きにくい場所や弱い立場に置かれるグループに支援を届ける」をテーマに、思いを共にする個人・グループの皆さんと2011年3月下旬から宮城県の被災地で、活動を展開してきました。
2013年12月までの2年9ヵ月の間、現地に事務所を構え、常駐現地駐在員による支援活動を実施することができました。多くの皆さまから惜しみないご支援をいただき、ありがとうございました!この度の出会いや経験を今後の活動にしっかり活かしつつ、東北の被災地につきましても、離れていてもできることを当会関係者や地元の皆さまと相談しながら、進めて行きたいと思います。 これからもどうぞよろしくお願いします。


【2013年の活動概要】 
1.仮設住宅の総合的な住環境改善 (気仙沼市本吉町/三井物産環境基金)
今までの断熱改善や緑化に加え、地元の森林組合と協働して、仮設住宅の共有スペースに地元の木材でウッドデッキを作ります。専門家に加え、被災者、地域住民、ボランティアの皆さまが協力して作業しながら、画一的で不便な仮設住宅生活を少しでも楽しく快適に暮らせるよう環境作りを行います。

IMGP2216.JPG
DSC_3897.JPG

2.岡田劇場が移動空間で復活!どこでも映画祭の実施 (石巻市など)
昨年度の「あかりカフェ」に引き続き、建築チーム、灯りデザイングループ、石巻の地元の皆さんと共に、被災した石巻中瀬の「岡田劇場」を移動式の劇場空間として復活!? 子どもから大人まで楽しめる屋外映画館を作り上げ、夜風を感じながら、石巻の今と昔に思いを馳せる・・・そんな時間をみなさんで共有するプロジェクトです

スリランカ産の土に戻る「ココヤシポット」に植えた苗たちもすくすく育っています!
スリランカ産の土に戻る「ココヤシポット」に植えた苗たちもすくすく育っています!
スリランカ産の土に戻る「ココヤシポット」に植えた苗たちもすくすく育っています!
スリランカ産の土に戻る「ココヤシポット」に植えた苗たちもすくすく育っています!
スリランカ産の土に戻る「ココヤシポット」に植えた苗たちもすくすく育っています!

【2013年の活動報告ページ】 
LinkIcon東日本大震災 中長期支援活動 「仮設住宅の住環境改善およびコミュニティの構築支援活動」

【2012年の活動概要】 
1.仮設住宅の総合的な住環境改善 (気仙沼市本吉町/三井物産環境基金)
特に性能の低い仮設住宅に対して、結露対策、庇や収納、緑化やグリーンカーテンの設置などを通して、専門家に加え、被災者、地域住民、ボランティアが協力して作業しながら、画一的で不便な仮設住宅生活を少しでも楽しく快適に暮らせるよう環境作りを行いました。

DSC_0357.JPG
IMG_2296.JPG


2.仮設集会所の設置による地域再建支援 (気仙沼市本吉町/JPF「共に生きる」ファンド)
地元の資源を活かした仮設集会所の設置し、被災者を含む地域住民が集う場所を確保し、自治会活動の再活性化を通して、主体的な復興のお手伝いをします。「津谷大沢区振興会館」の完成後も、周辺の遊具や排水溝などの整備を行いました。

DSC00401.JPG
DSC09785.JPG


3.共同農園の整備と運営 (気仙沼市本吉町/赤い羽根共同募金)
被災地区に誰でも参加できる「農園スペース」を作り、住民の皆様と楽しみながら、農作物を育てます。農作業を通して安らぎを感じて頂く機会をご提供しつつ、人が集まる憩いの場づくりを目指します。

noen.jpg
スリランカ産の土に戻る「ココヤシポット」に植えた苗たちもすくすく育っています!

4.夏の夜の灯り空間「あかりカフェ」の巡回実施 (気仙沼市本吉町、石巻市など)
仮設住宅地区の広場、夏祭り会場、街の空地・・・車に機材を載せて、どこでも行ける夜の移動式「あかりカフェ」。灯りデザイングループ「LPA(Lighting Planners Associates Inc. )」の皆さんと共に、子どもから大人まで楽しめる「あかり空間」を作り上げ、夏の夜風を感じながら、参加者の皆様が「豊かな時間」を過ごすお手伝いをしました。

スリランカ産の土に戻る「ココヤシポ
スリランカ産の土に戻る「ココ

【2012年の活動報告ページ】 
LinkIcon東日本大震災 中長期支援活動 「仮設住宅の住環境改善活動」
LinkIcon東日本大震災 中長期支援活動 「コミュニティの構築支援活動」


【2011年の活動概要】 

1.東日本大震災被災地緊急物資支援活動 (宮城県石巻市、女川町、気仙沼市、南三陸町など)
宮城県石巻市に拠点事務所と物資倉庫を構え、パートナー団体パルシックと協働し、10名ほどのメンバーとボランティアの皆さんが力を合わせ、石巻、気仙沼、女川、南三陸の65を越える被災者グループへ食料品、生活物資、資材などの緊急物資支援を行いました。また、遠隔地にお住まいの皆様が、被災地へ宅急便を使って直接物資支援をする「あくしゅプロジェクト」、ボランティア拠点の運営、炊き出しや交流企画の実施、自宅避難地区の実態調査も実施しました。

DSC00981.JPG

2.仮設住宅の総合的な住環境改善 (気仙沼市本吉町/三井物産環境基金)
特に性能の低い仮設住宅に対して、結露対策・断熱・遮音や庇・外部収納の設置などを通して、専門家に加え、被災者、地域住民、ボランティアが協力して作業しながら、画一的で不便な仮設住宅生活を少しでも楽しく快適に暮らせるよう環境作りを行いました。

setsumeikai.jpg

3.仮設集会所の設置による地域再建支援 (気仙沼市本吉町/JPF「共に生きる」ファンド)
地元の資源を活かした仮設集会所の設置し、被災者を含む地域住民が集う場所を確保し、自治会活動が再活性化を通して、主体的な復興のお手伝いをしました。

仮設集会所 (13).JPG

4.支援情報かわら版の発行 (宮城県石巻市/北海道新聞社会福祉振興基金)
NPO法人いしのまき環境ネットと協働で、情報面で孤立しがちな在宅避難者の皆様、仮設住宅へお住まいの皆様へ向けた「支援情報かわら版」を発行し、被災者の皆様の声を行政へ届け、情報サイクルの構築を目指しました。

kawaraban.jpg

5.仮設住宅地区における住環境の改善と互助機能の強化 (石巻市/赤い羽根共同募金)
NPO法人いしのまき環境ネットと協働で、石巻市内の仮設住宅地区で、仮設住宅の断熱改修アイデアの普及、お茶会の開催と傾聴、支援情報の提供等を行いました。

RIMG1263.JPG

【2011年の活動報告ページ】 
LinkIcon東日本大震災 緊急支援活動 緊急物資支援活動(2011年3月~5月)
LinkIcon東日本大震災 緊急支援活動 物資マッチング あくしゅプロジェクト(2011年3月~7月)
LinkIcon東日本大震災 復興支援活動のための現地ニーズ調査など(2011年6月~7月)
LinkIcon東日本大震災 中長期支援活動 仮設住宅の住環境改善支援など(2011年8月~2012年3月)

RIMG0604.JPG
2008年から毎年秋に10名程度の酪農学園大学の学生の皆さんとスタディツアーを開催してきました。毎年、「学生さんにどういったツアーがいいか」スタッフと考える機会を得られたことはとてもいい経験になりました。その後、アプカスの活動分野が広がり、年月を経ることで色々な方と出会い、両国で様々な分野の方とネットワークを広げることができました。

最近では、日本からスリランカに来る知人の方々だけではなく、ホームページを通して私たちの活動を知った学生さんや企業、研究者の方、スリランカの文化に興味を持っている方から、現地の情報に関する問い合わせ、希望に合ったホテルの予約、一部ツアーのアレンジ、交流企画の立案などの問い合わせを頂くようになりました。

もっと人と人が繋がるようなご旅行、もっとディープな滞在をスリランカで経験したいと思われる方は、日本人の現地駐在員と豊富な知識をもったスタッフが、様々なアレンジをいたしますので、ぜひお問い合わせください。

LinkIconメールでのコンタクト

P5280318.JPG

2009年

2月  北海道新聞 スリランカ情勢掲載記事掲載 LinkIcon掲載記事
4月  酪農学園大学「国際協力と平和」講義
6月  JICA函館 「海外」ボランティアとは?講演 LinkIcon配布資料
6月  酪農学園だより アプカスの活動について掲載 LinkIcon掲載記事
6月  酪農学園大学「キリスト教NGO論ゼミ スリランカスタディツアー学習会」講師
9月  スタディツアー開催
12月 JITCO(国際研修協力機構)発行「JITCO JOURNAL かけはし12月号」各国便りに寄稿LinkIcon掲載記事
12月 JICA札幌主催マルチアクターサミット参加
12月 酪農学園大学受託調査「スリランカ モラトゥワ湖周辺の社会・生態系調査」報告書

2010年

1月  NHK国際放送ラジオ「インド洋大津波から5年取材活動」現地コーディネート
2月  北海道大学環境院「環境の仕事を見に行こう!」ライブセッションLinkIcon配布資料
3月  KDDI Foundation 事業報告掲載LinkIcon掲載記事
5月  酪農学園大学「国際協力と平和」特別講演
5月  酪農学園大学「栄養指導論実習」ワークショップ講師
5月  酪農学園大学特別講義 「二十歳の頃~そして今、人と人をつなげる~」パネラーLinkIcon配布資料
6月  フェアトレードフェスタ札幌2010出展
6月  EPO北海道(環境パートナーシップオフィス北海道)」WEBLinkIconアプカスの環境保全活動に関する取り組みが掲載
10月 JICS(日本国際協力システム)広報誌「LinkIconJICS Report 10月号」 活動紹介

12月 国際ボランティア貯金センター主催「平成22年度国際協力報告会」講演 LinkIcon講演資料

2011年

4月 NHK札幌「北海道クローズアップスペシャル震災から2ヶ月 被災地・避難者たちは今」取材コーディネート
4月 酪農学園大学フォーラム「東日本大震災の現状と今後」 パネラー
4月 酪農学園大学「被災地支援のためのボランティア活動に関するオリエンテーション」講師LinkIcon配布資料
5月 北海道新聞みなみ風「東日本大震災物資支援 あくしゅプロジェクト」支援物資協働募集記事 LinkIcon掲載記事
6月 北海道新聞「震災から3か月特集」アプカス活動取材記事掲載LinkIcon掲載記事
6月 ボランティア雑誌「Volut30号」 アプカス伊藤 掲載記事LinkIcon掲載記事

現在実施中のプロジェクト紹介
on_going.gif

DSC_3897.JPG

東日本大震災 中長期支援活動
「仮設住宅の住環境改善およびコミュニティの構築支援活動」
(宮城県気仙沼市、石巻市)

このプロジェクトを見る(準備中)LinkIcon