アプカス プロジェクト

project_logo1.gif
09101.jpg

僻地・農村地域の学校における水供給と衛生概念向上支援
~子どもの健康改善に向けて~
(スリランカ北西部州プッタラマ県アーナマドゥワ郡)

現況

09102.jpg

スリランカは、教育に力を入れてきた国であり、途上国の中においても、90%以上の識字率を維持してきました。ところが近年、格差の波が教育界にも入り込み、地方・僻地の学校は“発展”から取り残される一方、都市の学校はより充実した教育が行われている傾向があります。地方に住む裕福な人びとは、我が子を都市部の学校へと送り出し、貧しい家庭の子どもは最低限の施設さえ整っていない学校へ通うという、子どもが平等に教育を受ける権利が保障されない状況にあります。このような状況の中で国全体の学力が低下しているという指摘もされています。それは、スリランカ人の8割が農村地域に暮らし、その多くの人が貧しい農民であるという事と深く関係します。プッタラマ県アーナマドゥワ郡もそんな、僻地・農村地域の一つであり、アプカスが、現地NGOと共に学校建設や環境教育の促進を進めている地域でもあります。その活動の中で、多くの学校で飲料水の確保のための井戸の設置や、既存の井戸の修繕すらできていない現状を目の当たりにしました。また気候変動の影響を受け、乾季には井戸が枯れる事も多くなっています。そして、水不足が主原因となり、手洗いの習慣やトイレを清潔に保つことなど、子どもたちの衛生概念の発展を大きく妨げるとともに、下痢をするなど健康への被害も報告されています。そんな中“健康で勉強に励む”という権利を貧困・農村地域の子どもたちにも平等に与えることが重要だと考え本事業を立案しました。

5歳~11歳の子ども346名が通う4つの小学校は、同県の中でも僻地に位置することから、行政からの注目も低く、様々な設備が整っていない状況が長年続いています。中でも、“水”がないことは肉体的・精神的両方へのストレスとなっています。最低限の飲み水は、子どもが毎日家から持参していますが、手洗い・トイレ用の水はありません。そのため、トイレを清潔に保つことが難しく、天気のよい日は特に悪臭が漂っています。そして、手洗いなどの習慣もないため衛生環境も悪く、下痢などの疾病が多く確認されています。各学校の状況は以下のとおりです。
Kivule Kele小学校(86名):井戸なし
Swarnapaliyagama小学校(55名):井戸はあるが枯れている
Kottagama Shripali小学校(90名):井戸はあるが枯れている
Karukkumaduwa小学校(115名):井戸なし、小型雨水貯蔵タンクあり

活動指針

09103.jpg

活動概要

1.各学校において水・衛生問題対策委員会の発足
2.計画策定と情報共有
3.井戸建設・修繕、雨水貯蔵タンクの建設
4.衛生概念向上プログラム

受益者

Kivule Kele小学校86名の生徒
Swarnapaliyagama小学校55名の生徒
Kottagama Shripali小学校90名の生徒
Karukkumaduwa小学校115名の生徒
上記小学校の教員及び近隣住民

目的

飲料水・生活用水の確保ができていない4つの小学校を対象に、井戸および雨水貯蔵タンクの設置を通して、継続的かつ安全な水供給を行うと共に、子どもを対象とした衛生概念向上プログラムを実施し、より健康に学校生活を送れるように意識・習慣の改善を図ることを目的とします。また、これらの活動を通して、今後、地域住民が主体的かつ一丸となって問題に取り組んで行くモチベーションを高め、地域の自立や持続的発展への一歩につながることを目指します。

活動内容

09104.jpg

実施期間

2009年4月>>2010年3月

活動計画

1.各学校において水・衛生問題対策委員会の発足
各小学校において保護者・先生・村行政官を交えて、問題の整理や共通意識化を行い、対策委員会の発足させることで、三者が中心となってプロジェクトを進めて行く土台作りを行います。また、定期的に委員会を開催し、組織の強化を促すと共にプロジェクト終了後の適切な維持管理体制についても話し合いを行い、郡教育事務所などの関係機関とコミュニティの良好な関係の構築を促します

2.計画策定と情報共有
問題対策委員会が中心となり、水問題の解決のための計画を立案し、問題の解決策および計画を掲示板に張り出すことを通し、コミュニティ全体での情報の共有を行います。

3.井戸建設・修繕、雨水貯蔵タンクの建設
各小学校において、保護者が中心となり住民参加型の井戸の建設・修繕、雨水貯蔵タンクの建設を実施します。業者に委託するのではなく、住民主導で建設を進めます。

4.衛生概念向上プログラム
①地域の公衆衛生官または医師を招いて、当該地域特有の疾病などについての啓発活動と共に、健康診断を行います。その際、子どもに大きな健康問題などが発見されれば、関連機関と調整を行い対応します。
②手洗いやトイレの清掃など衛生管理の基礎を高学年の子どもがポスターなどを使い、低学年を指導します。また、子どもを通した家庭内の衛生向上も進めます。
③各学校から約40名を選出し、衛生管理向上をテーマとしたポスターを作製して展覧会を実施します。各学校に数日間展示することで、生徒や保護者の意識が向上します。

カウンターパート

サングラマ(Sangurama)
グリーンムーブメント・オブ・スリランカ(GMSL)

メンバー

石川 直人(現地コーディネーター)
伊藤 俊介(国内調整業務)
ライオネル ティラカラスン(サングラマ代表)

予算

当事業には、公益信託 今井記念海外協力基金より1,000千円の助成が行われ実施されました。

活動報告

karukkumaduwa.JPG

進捗状況

終了

実施レポート

5月:本格始動

本事業に関して、行政からの許可を取るためアーナマドゥワ郡事務所及び、地域教育事務所との協議を行いました。

6月:他の保護者と情報を共有したのち建設準備開始

Karukkumaduwa 小学校では、学校から600 メートル離れた所に、水量の豊富な場所が見つかったとして、井戸の設置場所を変更したいと申し出があったが、新しい場所が学校の外のため、少し慎重に話し合いを進めることとしました

7月:衛生概念向上プログラム開始

各学校において、公衆衛生官(郡事務所の職員)が7 年生(12 歳)を対象として、水を介した病気に関する知識の普及、手洗いの指導をポスターやマルチメディア資料を使ったレクチャーを行いました

8月:建設及び衛生概念向上プログラムのフォローアップ

・保護者を対象とした衛生概念向上プログラムは、建設が進んでいる中ら、作業ボランティアと啓発活動の両方に参加するのが難しいという事と、学校の夏季休暇に伴い、参加率が悪くなる可能性があると言う事で、9 月に延期する事になりました。
・Kivule Kele 小学校では、水量が豊富である事が確認されたものの、掘り進む中で大きな岩があり、それでもより深い井戸が必要ということで、新たに別の場所で井戸を掘ることになり、すぐに着手しました。

swarnapaliyagama.JPG

9月:井戸、雨水貯水タンクの完成・衛生概念向上プログラム

・各学校において、公衆衛生官(郡事務所の職員)が7 年生(12 歳)を対象とした衛生関連啓発活動2 回目を行いました。本活動では、前回の復習をすると共に、自分達でできる事は何かを考え、ポスターの作成・発表を通して低学年の子どもたちへ知識の移転を行う事などの計画を行いました。また、復習した内容(手洗いの重要性・水を介した病気について)を家に帰り家族にも伝えるように促しました。

10月:対策委員会会合・衛生概念向上プログラム(ポスター作成)

・全ての学校で貯水タンクの建設に着手しました。

11月:ポスター展覧会

・kivuleKele小学校では、校長先生が体調不良で入院してしまい、他の教員へ当事業の引き継ぎがしっかり行われていなかった事情が重なり、建設資材の購入等の手続きが一時行えない状況となってしまいました。そのため、3週間近く工事が止まってしまっていましたが、関係者との調整を行った結果、工事は再開されることとなりました。
・Karukkumaduwa小学校では、貯水タンクのための資材購入等が終了し、建設が開始される段階で、「建設は井戸の完成を待ってから行いたい」という対策委員会からの申し出がありました。これは、井戸の建設に保護者がボランティアで係っており、これ以上保護者の負担を増やす事は難しいという判断があったからです。当法人としては、保護者の自主的な参加で建設が行われている事を考慮し、その体制を継続させるための委員会の判断を尊重し、建設の遅れを承認しました。結果的には、11月下旬には、井戸の建設が完了し、貯水タンクの建設にも着手されました。

suwarnapaliyagama2.JPG

12月:対策委員会会合・郡教育事務所などとの意見交換会

・各学校において対策委員会のメンバーが集い、建設事業を総括するとともに、今後の維持管理についての協議を行いました。また、各学校における建設事業の振り返りとして、「保護者の協力があった学校」と「なかった学校(=kivuleKele小学校)」を例に挙げ、なぜ同地域内で保護者の“参加”に差が出たのか等を話し合いました。参加に積極的でなかった学校では、①校長先生の統率力不足②保護者の経済状況の問題③保護者の数が少ない(学校の規模)。というこれら3つのポイントが浮き彫りとなりました。統率力の不足に関しては、良くいえば校長先生が優しすぎるため、保護者に対して強く指示する事が出来なかったではないかと分析しています。経済状況の問題では、同地域内でも貧困の度合いは様々で、kivuleKele小学校周辺は僻地の中の僻地とも言える場所であるとともに、気候変動等の影響により、主産業である農業活動への打撃が大きくなっている背景があるようでした。また、学校の規模が小さいという事はイコール保護者の数が少ないといことであり、負担の分担割合が比較的高くなってしまうという問題があったのだと考えています。

1月:衛生概念向上プログラム(新年度になるため、新しく、高学年から低学年への知識等の移転を行う

・衛生概念向上プログラムを行いました。当初は、高学年が低学年へ教える形式で行う予定でしたが、高学年が別の授業やプログラムがあり予定が合わず、従来通り公衆衛生官らを迎えてプログラムを実施しました。5年生を対象として、新しく出来た井戸からの水を有効に利用してしっかり手洗いする事や、トイレを清潔に使う重要さについて学びました。

2月:衛生概念向上プログラム(啓発活動&健康診断)

・保健師の協力を得て、「衛生と栄養」という観点から衛生概念向上プログラムを実施しました。

3月:衛生概念向上プログラム

・衛生概念向上プログラムを開催し、今までの2回分のまとめを行いましたが、学習の効果が十分な状態ではなく、もう少しフォローアップが必要であるという意見で関係者が一致しました。そのため、公衆衛生官が、継続した訪問とプログラムを行う方向で調整する事になりました。本事業は3月で終了するものの、他の事業地からそれほど遠くないため、当法人としても現地の協力団体と連携し、フォローアップ活動を行う予定でいます。

担当者レポート

本事業の大きな目的は、僻地農村の4つの学校における
①飲料水・生活用水の持続的な確保②衛生概念の向上でした。

当初は、雨水貯蔵タンクの建設を行う予定でしたが、井戸の水量が予想以上に多かった事と、学校内で子どもたちが水にアクセスしやすくするためには、貯水タンクが重要になるという観点より、予定を変更して各学校に貯水タンクの建設をする事になりました。結果、井戸の修繕も含め、それぞれの学校で井戸と貯水タンクを完成させることができました。

飲料水の確保の点から見ると、井戸完成後大きな干ばつが来ていないため、干ばつ時にも給水可能な井戸であるかの見極めは難しいですが、2010年4月現在では継続的な給水が可能となっています。

また、井戸の建設時に掘削場所について二転三転したKarukkumaduwa小学校ですが、本事業で建設した井戸から良質な水が出たため、今後は、村人へも開放する方向で郡事務所や村役場などが調整を進めています。そうなれば、子どもはもちろん、村人の多くが安全な水へアクセスできるようになります。本事業が呼び水的な役割を果たし、さらなる波及効果を生み出した良い例がKarukkumaduwa小学校での活動でした。

kiuly1.JPG

生活用水の確保という点では、結果的には貯水タンクの建設が、大きな効果を生み出しました。今までは、井戸からバケツのような容器に水を汲み、手で持ってトイレに行かなければならなかったため、それが面倒で用を足した後に水を流さないケースがありました。しかし、貯水タンク設置後、その水圧を利用した複数の蛇口を設置することで、特に低学年の生徒にも危険もなく水を汲めるようになり、先生にとっても「トイレへ行く時は必ず水を汲んでいくように」と指導をしやすくなったとの感想を聞きました。当初、井戸がありながら学校のトイレがきれいに使用されないのは、衛生に対する知識不足が一番の問題である思っていました。しかし、本事業を通して、子どもが安全に簡単に水を汲める環境を整備することも非常に大切であるということを我々も学ぶこととなりました。

通年で実施した衛生向上プログラムでは、プログラムを受けた子どもたちの衛生に関する知識や関心が高まったと感じています。プログラム開始時にアンケート調査等を行わなかったため、定量的・定性的に比較するデータはありませんが、コーディネータや先生方からの話を総合すると、十分に子どもたちの意識に改善が見られたと考えています。例えば、「勉強した事を教えて?」という質問に対して、「野菜を食べないとダメ」「手洗いが大切」「水はろ過するのがいい」といった基本的な事は、多くの子どもたちが口にしました。

栄養改善に関しては、一時「薬膳がゆ」の導入を行いましたが、学校側としては、公教育ということで何か問題が発生した際の責任が取れないという理由で、学校主導で行う事が難しくなりました。その後、栄養状態があまり良くないと判断された子どもの保護者に対して、「薬膳がゆ」を勧め、栄養改善について個別に情報提供を行いましたが、フォローアップが万全でなかったこともあり、際立った成果を出すには至りませんでした。

当事業の副次的な効果として、保護者・学校側・行政・NGOの横のつながりが強化され、協力的な雰囲気が醸成されたことは、評価に値します。例としては、公衆衛生官(行政)が学校の劣悪な衛生環境の現状に驚き、定期的な学校訪問を自ら提案し、それに学校も協力する形で、定期訪問が実施されるようになったことは、連携強化の成果であると言えます。当然、公衆衛生官は地域内の衛生問題を解決するのが職責ですが、一見すると当然のことすらスリランカの社会の中では、放置されたままであるのが現状です。これは、小さな一歩ですが、それが踏み出された事は評価できると思います。ただ、依然農村では、「お上は絶対」という考え方が根強く、政治家を頂点とした階層的な社会があります。そのため、様々なアクターが連携し問題を解決していくには、外部者(多くの場合がNGO)のファシリテートが重要となると感じています。そのため、連携の芽が出たこの時に、継続してその関係を活性化する事が重要だと考えています。

一方で、外部の関与が強くなればなるほど“依存度”が増す危険性もあり、その辺のバランスを考えつつ、今後も当該地域における活動を続けていく予定です。

プロジェクトトップへ

災害復興支援活動(スリランカ)


LinkIconスマトラ沖地震にともなう被災者への支援プログラム(2005)

LinkIcon地滑り災害被災地におけるBHN充足に向けた支援(2007)

LinkIcon地滑り災害被災地における総合的支援~グリーンムーブメント・オブ・スリランカ協働事業~(2007)

LinkIcon地滑り被災者に対するBHNの充足と自立型復興促進のための自治組織力の強化(2008)

LinkIconハングランケタ郡地すべり被災民移転地における参加型水供給プログラム(2008)

LinkIcon津波移転住宅における家庭菜園導入によるゴミ問題の解決(2009)

LinkIcon地滑り被災者移転地区における住宅建設へのコンクリートブロック提供と自治組織の強化(2009)

LinkIconスリランカ北東部内戦避難民子ども支援プロジェクト~小さな笑顔プロジェクト~(2009)

LinkIcon地すべり被災地域における校舎建設と学校菜園運営を通した教育支援(2010)

LinkIcon地すべり移転地区における子どもクラブの運営(2010)

LinkIcon地すべり被災地における農業を中心とした総合的な生計向上支援(2010)

LinkIcon地すべり被災者への住宅資材の提供事業(2010)

LinkIcon北中部州洪水被災児童への学用品の緊急支援活動(2011)


災害復興支援活動(日本)


LinkIcon東日本大震災『緊急支援活動』(2011.03-05)

LinkIcon東日本大震災『復興支援活動』(2011.06-08)

LinkIcon大震災被災地へ物資を直接支援「あくしゅプロジェクト」(2011)

LinkIcon東日本大震災『中長期支援活動』(2011.08-2012.03)

LinkIcon東日本大震災『仮設住宅の住環境改善支援』(2012.04-2013.03)

LinkIcon東日本大震災『コミュニティ構築支援活動』(2012.04-2013.03)

LinkIcon東日本大震災『コミュニティ構築支援活動』(2013.04-2013.12)


地域開発事業


LinkIcon生計向上と地域の安定を目指した家庭菜園の普及活動(2007~)

LinkIcon農村地域のアトゥンゴダイシパタナ小学校校舎新築及び環境教育の普及(2008)

LinkIcon識字率向上へのチルドレン・ハッピー・プランinスリランカ~子どもが子どもに教える。そこから広がる大きな幸せの輪~(2008)

LinkIconゴミから紙を作る!エコロジカルペーパー・ワークショップによる環境教育プログラム(2008)

LinkIcon僻地農村貧困地区での分散型エネルギー普及の調査・建設プロジェクト(2008)

LinkIcon住民主体の森林再生~「貧困⇔森林破壊」負の連鎖を断ち切る~(2009)

LinkIcon干ばつ地域での女性に配慮したコミュニティ主導防災計画の立案(2009)

LinkIconおが屑の有効利用を通したモラトゥワ市ボルゴダ湖の自然環境保全(2009)

LinkIcon僻地農村の子どもへのコンピューター&インターネット技術の普及活動(2009)

LinkIcon僻地農村のティッサカニトゥ小学校修繕および菜園による栄養改善事業(2009)

LinkIconウィルガムワ郡の教育設備の整備および教育の重要性についての啓発事業(2009)

LinkIcon食料・平和の確保に資する家庭菜園&有機農業普及のための農業研修センターの設立(2009)

LinkIconスリランカ僻地における学校建設を通した教育支援事業(2009)

LinkIcon僻地・農村地域の学校における水供給と衛生概念向上支援~子どもの健康改善に向けて~(2009)

LinkIconスリランカ紛争及び津波被災地域における子どもの栄養改善とメンタルケアプログラム(2009)

LinkIconパルゴッラ幼稚園&図書館の新築プロジェクト(2010)

LinkIcon僻地・農村地域の学校における水供給と衛生概念向上支援~子どもの健康改善に向けて~(2010)

LinkIconおが屑の有効利用を通したモラトゥワ市・ボルゴダ湖の自然環境保全(2010)

LinkIcon水質の改善、水資源の有効利用を通した地域開発プロジェクト(2010)

LinkIconアプカスを通した直接支援スキーム「おんこ基金」プロジェクト(2010)

LinkIconスリランカと日本を結ぶアートクラフト開発プロジェクト(2010)

LinkIcon視覚障がい者のフットマッサージ師就職促進プロジェクト(2010)

LinkIconガルカダウェラ幼稚園新築プロジェクト(2010)

LinkIcon視覚障がい者雇用促進のためのマッサージサロンの運営(2011)

LinkIcon視力検査と視力矯正を通した子どもの健康増進と学習環境の整備(2011)

LinkIcon家庭菜園普及と農業組合および女性グループの組織強化支援(2011)

LinkIcon農業生産加工や省エネ商品の販売促進による生計向上支援活動(2011)

LinkIcon英語クラブと補講クラスの実施を通した学業支援活動(2011)

LinkIcon家畜飼育の導入による貧困削減と地域の平和促進(2012)

LinkIcon視覚障がい者雇用促進のためのマッサージサロンの運営(2012~)

LinkIcon乳牛飼育の導入と生乳販路確保による貧困削減(2013)


教育講演活動


LinkIconスリランカ・スタディツアー・コーディネート(2008)

LinkIcon北海道障害学研究会サポート活動(2008)

LinkIcon教育機関での国際協力に関する講演活動(2008)

LinkIconBOPビジネス及び社会起業に関するフィールド調査(2010)


情報の共有活動


LinkIcon現地パートナーNGO/シッダールタ チャイルド ディベロップメント ファンデーション(SCDF)