The Line House

Project Details

To Walk with People Living in “Dying Line Houses” together!

Bawlana Village Deltota, Kandy located hilly area at around 1000 meter elevation highland

○In the decline of tea industry and historical worker’s houses  

Sri Lanka is world-famous for its Ceylon tea. The export amount of it used to be the first of the world. However, the people who have engaged in the tea industry as labors are generally not known well. They are Indian Tamil, immigrants from South India in the 19th century. They are neither British people who introduced the tea industry into the country nor Sri Lankan people (Sinhalese and Sri Lankan Tamil). Bawlana village is a former tea plantation area where Indian Tamil have been living for more than 130 years.

90% of Bawlana village people have been lived as “Small Scale Tea Growers” historically. But their income from tea producing have decreased by the effect of climate change in recent years, the lack of proper soil nutrition management, rising of chemical fertilizer price, reducing of governmental funding for tea growers and the decline of tea wholesales price. As the result, 40% farmers have lost stable jobs and are forced to go to nearby city to find day-labor job everyday or leave village for long time to get living expenses. If this negative cycle will continue in the future, the day when the village disappear from the map would come.

Our team has distributed dairy cows for requested people in this village since 2012 to support tea growers’ income and supply cow compost for their cultivation land. Through this income generation project, our members regularly stayed in this village and came to know “the existence of Line Houses”. On March 2014, our team members Dr.Maeda(Architecture Researcher/Kyoto University) and Mr.Oba(Architect)  started to research the line houses’ history, distribution and structure of building…etc. In this research, One Hand we found out “the historical value of the Line houses” and “the interesting relation between people and building”, on the other hand, we had to face the serious situation of dying line houses.

○Focusing on “old line house” as the “new tourism resource” 

2014年3月に、前田(京都大学大学院工学研究科 助教)、大庭(一級建築士事務所 大庭徹建築計画)がバウラーナに滞在し、既存長屋の実測、間取り調査、構造調査、および居住者の生活史や地域の歴史についてのヒアリング調査を実施しました。その中で、「イギリス植民地時代に建設された建物の歴史的価値」、「住民と建物の関係性の変遷」が明らかになってきました。一方で、上記の通り、紅茶産業の衰退から貧困に苦しむ居住者も多く、空き家や未修繕家屋も年々増加し、今後の長屋群の保全や有効利用を考えると、大変厳しい状況にあるという現状もわかってきました。
そこで、一つのコミュニティ開発プロジェクトとして、 地域活性化の資源として「プランテーション長屋」に光を当て、居住者や近隣住民と協働しながら、旅行者がバウラーナ村の自然や歴史、文化を体験できる「地域ツーリズム」のゲストハウスとして長屋の一部を改修し、そこで得られた利益やネットワークを地域住民の生活向上、教育支援、長屋の有効利用ために資金に継続的に供する社会起業スキームを構築するプロジェクト「スリランカ旧紅茶農園長屋再生プロジェクト(LineHouse Project)」が計画されました(なお、ゲストハウスの運営に関しては、コロンボ市において、視覚障がい者の指圧マッサージセンター「トゥサーレ-Talking Hands-」において、主に海外の旅行者を対象にゲストハウスを運営しており、すでにノウハウを蓄積しています)。
プロジェクトには、日本の建築や環境工学の研究者、建築家、社会開発を専門とするメンバーが参加し、「長屋群のゲストハウスとしての再生・有効利用」だけでなく、「住民と建物の関係性の再構築支援」、「負の遺産の側面もある建物の保全事例としての調査・研究」も含む多面的な関わりを深め、一つ一つ課題を解決しながら、進めていきます。

○Our Project History since 2012

 year  action details
2012~ Implemented Income Generation Programme by NGO APCAS
(Distributing Dairy Cow with Cow Bank Style)

Distributed Impregnated Dairy Cow for Requested Bawlana People

2013 Started Line Houses Research by Japan  Architecture Team
2014 Bawlana Line House Revitalization Project Planned
Fund-Raising in Japan Started
Tourism Resource Research

Interview for old residents regarding his own life history and line house history by Dr.Maeda(2013)

2015 Reconstructing Started

Solar Boiler and Tank Installed by the Environmental Engineering Team

Damaged Roof (Before Reconstruction) and Prepared Historical Stones to Build Stone Corridor of The Line House (2013-2014).

A measured drawing of existing line house and Meeting Japanese Architect(Mr.Oba) and Mason Leader(Mr.Indika) talking how to manage the reconstruction schedule and process

Japanese Architect Mr.Oba, Mason Mr.Indika and Residents of Line House, Reconstruction on going. Many residents supported this reconstruction work voluntarily (2015)

2016~ The Training for Coordinators Selected in Bawlana Village Started
2017 Guest House “The Line House” Started
Galaha Eco-Farm (Organic Vegetables Farm) Started

Tour Coordinator are selected among local young generation for the future developing of community.

Galaha Eco-Farm near Bawlana Village. We Supply Fresh Safe Veges mainly for Colombo. We also purchase vegetables and milk from Bawlana farmers with fair price.

 

○プロジェクト参加メンバー

・石川 直人 (アプカス スリランカ事務所代表)
プロジェクト全体のコーディネートを担当。現地関係機関との調整、日本人専門家の受け入れ、スケジュール管理などを行う。2007年団体発足時より、アプカス代表理事。アプカスが実施する全てのスリランカ事業、東日本大震災支援活動のプロジェクトマネジメントを行っている。災害復興支援、農村開発、農業支援、環境技術、子どもや障がい者支援、BOPビジネス等の国際協力分野で豊富な経験とネットワークがある。酪農学園大学農食環境学群特任研究員、青年海外協力隊員OG(スリランカ/環境教育)、コロンボ市行政アドバイザー

・伊藤 俊介 (アプカス 日本事務所事務局長)
当プロジェクトでは、広報、会計、報告業務等を担当する。2007年よりアプカスが実施する全てのスリランカ事業の日本側のプロジェクトマネジメント、東日本大震災プロジェクトの実施責任者を担う。北海道教育大学函館校国際地域学科非常勤講師

・前田 昌弘 (京都大学大学院工学研究科 助教)
長屋再生の基本計画と調査研究を主に担当。専門は住宅計画学、コミュニティ研究。スリランカには2004年インド洋大津波をきっかけに関わり始め、住宅復興とコミュニティ再生に関する研究の成果をもとに論文を取りまとめ、2012年に博士(工学)取得した。NPO法人アプカスとは、東日本大震災における仮設住宅の住環境改善支援の実践的研究などでも協働してきた。当プロジェクトでも、実務家と研究者の協働を通じて、バウラーナの地域再生と建築文化の継承を目指す。

・大庭 徹 (一級建築士事務所 大庭徹建築計画)
再生する長屋の設計を担当。友人である前田氏に誘われて初めて訪れたスリランカにのめり込む。建築家としては、個々の地域で古くから培われてきた土着の智恵、工夫、技術に着目し、それらを現代版としてバーションアップ(再編集)することでつくる、21世紀を生きるための建築と生活を目指して活動中。

・平石 年弘 (国立明石高専建築学科 教授)
建築環境・設備、農業環境工学、環境技術・環境材料の専門家として、地域の課題を実践しながら解決するアクションリサーチを多数展開し、兵庫県におけるため池の保全、生ごみの堆肥化、アオサ(海草)の堆肥化で成果を上げている。2011年より、アプカス適正技術アドバイザーとして、スリランカに複数回滞在し、環境工学の技術や持続可能な農法を現地の仕様に合わせて体系化する適正技術の分野で、現地に根差した実践的な研究を行っている。